key
Let's enjoy Mathematics

母娘で体験する数理ワークショップ第2弾「サイコロやゲームの中に隠れた算数・数学 ~確率であそぼう~」の第2回目を開催します

前回定員を上回る応募をいただき、また大変好評をいただきましたため、「数理女子」事務局企画イベント、母娘で体験する数理ワークショップ第2弾の第2回目を開催いたします。本ワークショップは、「数理女子」に関わる数学者・数学を使って社会で活躍するメンバーが、数学の魅力をもっとたくさんの女性に伝えたいとの想いで、議論を積み重ねて作り上げました。自ら発見をする、仲間と討論する、教科や分野の概念にとらわれず物事の本質を考える、といった経験を通して、数学を生み出すワクワク感をぜひ体験してください!

【イベント内容】「サイコロやゲームの中に隠れた算数・数学 ~確率であそぼう~」

私たちの生活には、クジ引きのように結果が完全にはわからないことがたくさんあります。でも、時には、そこに潜む算数や数学を知ることで、未来について色々と知ることもできるのです。
例えばトランプなどの多くのゲームはこの先どうなるかわからない…というところにオモシロサがありますが、〇〇作戦は強い!などの体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。ゲームにはどうして強い作戦、弱い作戦があるのでしょうか。またその作戦は「本当に強い」のでしょうか?
本ワークショップではまず、色々なサイコロで遊んだり、サイコロを用いたゲームをしながらどちらが強いのかを考えたり、オリジナルなサイコロを作って対戦したり…しながら、「確率(かくりつ)」という考え方を楽しく体験します。
普段、「一つの正解を出すのが数学」と思われている方も、「数学」という、実は自由で想像力豊かな世界を体験して、数学に対する新しい視点をみつけてみませんか?

【講師】
中島さち子:国際数学オリンピック金メダリスト、音楽家、数学(STEAM)教育家
佐々田槙子: 東京大学大学院数理科学研究科准教授

【座談会登壇者】
田中泰生:ゲーム会社(芸者東京エンターテイメント )代表取締役
池田 純:スイッチラグビースクール 代表&ラグビーコーチ

心躍る数学の世界を、さまざまな角度から体験してください!数学が好きな方はもちろん、数学が苦手だなぁという方、必ずしも好きではない方もぜひご参加ください!


☆日時:2018年2月17日(土) 09:30受付開始 09:50~17:00
☆場所:東京大学駒場キャンパス
☆対象:小学校4年生から中学校3年生(+意欲的な小学校3年生)の女子生徒とそのお母様 24組 
※姉妹で参加申込の方は分かるように明記してください。
☆参加費:無料

☆前回ご参加された方はお申込み出来ません。

※定員を超えた場合には抽選。抽選結果及び当日の詳細は、2月6日(火)までにお申し込みいただいた方には2月9日(金)までに一次連絡、最終結果は登録いただいた連絡先へ2月15日(水)までにご連絡いたします。

☆参加申し込み締切:2018年2月13日(火)正午まで
※定員を大幅に超える申し込みがあった場合には、早めに申し込みを締め切る場合がございます。ご了承ください。
※当日はお弁当を用意予定(実費をご負担頂きます)。詳細は参加決定者にご連絡致します。
 
☆共催:数理女子事務局・東京大学数理科学研究科
 
☆本イベントに関するお問い合わせ:イベント事務局:sj-workshop@math.keio.ac.jp まで
 

 

参加申し込み登録はこちらから

 

☆前回の「第一回数理女子ワークショップ」の様子はこちらから(前編後編)ご覧ください。
☆参加された方の体験記はこちら

 

 

 

SNS Share Button